採択論文

  1. T. Hayashi, A. Kawamura, Y. Otachi, H. Shinohara, K. Yamazaki,
    Thin strip graphs,
    Discrete Applied Mathematics, in press.
  2. Daiki Isayama, Masaki Ishiyama, Raissa Relator, Koichi Yamazaki
    Computer Science Education for Primary and Lower Secondary School Students: Teaching the Concept of Automata,
    ACM Transactions on Computing Education 17 (2016) Article No.2
  3. Masanobu Furuse, and Koichi Yamazaki,
    A revisit of the scheme for computing treewidth and minimum fill-in,
    Theoretical Computer Science, 531 (2014) 66-76.
  4. Kazuyuki Amano, Yuta Kojima, Toshiya Kurabayashi, Keita Kurihara, Masahiro Nakamura, Ayaka Omi, Toshiyuki Tanaka, and Koichi Yamazaki,
    How to Solve the Torus Puzzle,
    Algorithms , 5(1) (2012) 18-29.
  5. Yota Otachi and Ryohei Suda,
    Bandwidth and pathwidth of three-dimensional grids,
    Discrete Mathematics, 311 (2011) 881-887.
  6. Kyohei Kozawa, Yota Otachi, and Koichi Yamazaki,
    The carving-width of generalized hypercubes,
    Discrete Mathematics, 310 (2010) 2867-2876.
  7. Kyohei Kozawa, Yota Otachi, and Koichi Yamazaki,
    Security number of grid-like graphs,
    Discrete Applied Mathematics, 157 (2009) 2555-2561.
  8. Kaori Umezawa and Koichi Yamazaki,
    Tree-length equals branch-length,
    Discrete Mathematics, 309 (2009) 4656-4660.
  9. Kyohei Kozawa, Yota Otachi, and Koichi Yamazaki,
    On spanning tree congestion of graphs,
    Discrete Mathematics, 309 (2009) 4215-4224.
  10. Tetsuya Ishizeki, Yota Otachi, and Koichi Yamazaki,
    An improved algorithm for longest induced path problem on k-chordal graphs,
    Discrete Applied Mathematics, 156 (2008) 3057-3059.
  11. Yota Otachi and Koichi Yamazaki,
    A lower bound for the vertex boundary-width of complete k-ary trees,
    Discrete Mathematics, 308 (2008) 2389-2395.
  12. Yota Otachi, Yoshio Okamoto, and Koichi Yamazaki,
    Relationships between the class of unit grid intersection graphs and other classes of bipartite graphs,
    Discrete Applied Mathematics, 155 (2007) 2383-2390.
  13. Hiroyuki Nagashima and Koichi Yamazaki,
    Hardness of approximation for non-overlapping local alignments,
    Discrete Applied Mathematics, 137 (2004) 293-309.
  14. Shinichiro Kawano and Koichi Yamazaki,
    Worst Case analysis of a greedy algorithm for graph thickness,
    Information Processing Letters, 85 (2003) 333-337.
  15. Syuichi Sakai, Mitsunori Togasaki and Koichi Yamazaki,
    A note on greedy algorithms for the maximum weighted independent set problem,
    Discrete Applied Mathematics, 126 (2003) 313-322.
  16. Mitsunori Togasaki and Koichi Yamazaki,
    Pagenumber of pathwidth-k graphs and strong pathwidth-k graphs,
    Discrete Mathematics, 259 (2002) 361-368.

国際会議

        
  1. Hajime Kira, Yuta Urabe, Saki Inamoto, Takumi Kaneko and Koichi Yamazaki,
    A development of an application for learning English words with using the method of chain reaction of cues,
    International Conference on Technology and Social Science 2018,
    2018.4.18-20, Kiryu City Performing Arts Center, Kiryu City, Japan.
  2. Takaaki Fujita and Koichi Yamazaki,
    Tangle and Ultrafilter: Game Theoretic Interpretation,
    20th Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games,
    2017.8.29-9.1, Tokyo University of Science, Japan.
  3. Takaaki Fujita and Koichi Yamazaki,
    Linear-width and Single ideal,
    20th Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games,
    2017.8.29-9.1, Tokyo University of Science, Japan.
  4. Masanobu Furuse, Yota Otachi, Koichi Yamazaki,
    Reformulation of the scheme for computing tree-width and minimum fill-in,
    7th Japan Conference on Computational Geometry and Graphs,
    2009.11.11-13, Kanazawa, Japan.
  5. Kyohei Kozawa, Yota Otachi, Koichi Yamazaki,
    A lower bound for tree-width of Cartesian product graphs,
    6th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications,
    2009.5.16-19, Budapest, Hungary.

研究会

  1. 藤田 顕光,山崎 浩一,
    Tangleと超フィルタの関係に関する考察,
    2017年度 LAシンポジウム,
    京都大学, 2018年2月6日.
  2. Yoshihiro Tsukamura, Yoshihide Igarashi, Takaaki Fujita, Yuta Urabe, Koichi Yamazaki,
    A Revised Version of "Games with a Single Pile of Stones and Number Theoretic Problems",
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    成蹊大学, 2017年10月20日.
  3. 藤田 顕光,山崎 浩一,
    線形枝幅と単項イデアル,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    成蹊大学, 2017年10月20日.
  4. 稲本咲樹, 伊佐山大揮, 山崎浩一,
    連鎖発見パズルの教育ソフトへの応用,
    2017年度 日本情報科教育学会第10回全国大会,
    大阪芸術大学, 2017年7月1日.
  5. 稲本咲樹, 山崎浩一,
    e-Learningにおける解答形式の提案,
    2017年度 日本情報科教育学会第10回全国大会,
    大阪芸術大学, 2017年7月1日.
  6. 杉岡拓実, 山崎浩一,
    小学生はソートアルゴリズムを設計出来るか?,
    2017年度 日本情報科教育学会第10回全国大会,
    大阪芸術大学, 2017年7月1日.
  7. 藤田顕光, 山崎浩一,
    Tangleと超フィルタについて,
    2016年度 LAシンポジウム,
    京都大学, 2017年2月2日.
  8. Yoshihiro Tsukamura, Yoshihide Igarashi, Yuta Urabe, Koichi Yamazaki,
    Games with a Single Pile of Stones and Number Theoretic Problems,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    富山県立大学, 2016年9月6日.
  9. 仲野裕文, 山崎浩一,
    アルゴリズムを理解するとは?,
    日本情報科教育学会第9回全国大会,
    刈谷市産業振興センター, 2016年6月25日.
  10. 伊佐山 大揮, 山崎 浩一,
    情報科学教育の早期実施に関する考察と実践,
    日本情報科教育学会第4回研究会,
    日本大学(文理学部), 2015年3月7日.
  11. 長澤 亮介, 加藤 達也, 木野 徹, 山崎 浩一,
    多項式個の極小セパレータを持つグラフについて,
    2012年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2013年1月29日.
  12. 林 貴史,木野 徹,桑原 勇人,長澤 亮介,芝田 悠華,山崎 浩一,
    単位円交差グラフの線形構造を持つ部分クラスについて,
    2011年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2012年1月31日.
  13. 丸田 大樹,大舘 陽太,山崎 浩一,
    全域木混雑度に対するメタヒューリスティックアルゴリズムの評価,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    中央大学(後楽園キャンパス),2011年3月9日.
  14. 長澤 亮介,片平 明,桑原 勇人,大舘 陽太,山崎 浩一,
    カット幅の双対定理について,
    2010年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2011年2月2日.
  15. 栗原 啓太,富田 悠里, 星野 貴弘,山崎 浩一,
    初等教育におけるアルゴリズム教育の試み,
    日本情報科教育学会第3回全国大会,
    日本大学(文理学部),2010年6月26日.
  16. 小嶋 智和,富田 悠里, 星野 貴弘,山崎 浩一,
    グラフ理論に対するソフトウェア教材の開発とその実践例,
    日本情報科教育学会第3回全国大会,
    日本大学(文理学部),2010年6月26日.
  17. 須田 亮平,大舘 陽太,山崎 浩一,
    3次元格子グラフのパス幅,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    京都大学,2009年4月17日.
  18. 小澤 恭平,大舘陽太,山崎 浩一,
    正則グラフのデカルト冪に対するカービング幅,
    2008年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2009年2月3日
  19. 平井 一徹,山崎 浩一,
    木幅の上界を求めるMCSアルゴリズムについて,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    NTT厚木研究開発センタ,2009年1月30日.
  20. 小澤恭平,大舘陽太,山崎浩一,
    グラフのデカルト積における木幅の下界,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会・情報処理学会アルゴリズム研究会共催,
    群馬大学伊香保研修所,2008年12月3日.
  21. 古瀬雅信,小澤恭平,大舘陽太,山崎浩一,
    偶グリッドのカービング幅,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    東北大学,2008年10月10日.
  22. 小澤恭平,大舘陽太,山崎浩一,
    The carving-width of Hamming graphs,
    離散数学とその応用研究集会2008,
    茨城大学インフォメーションセンター,2008年8月20日.
  23. 小澤恭平,大舘陽太,山崎浩一,
    外平面グラフに対するsecurity number,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    日本IBM東京基礎研究所,2008年3月10日.
  24. 受川和幸,青木一正,小澤恭平,大舘陽太,山崎浩一,
    完全k分木のpath distance widthについて,
    2007年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2008年1月29日.
  25. 青木一正,大舘陽太,山崎浩一,
    d-claw free graphの重み付き最大独立集合問題に対するタブーサーチ法の提案,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    法政大学,2008年1月23日.
  26. 受川和幸,青木一正,小澤恭平,大舘陽太,山崎浩一,
    完全2分木に対するpath distance widthの下界,
    2006年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2007年1月30日.
  27. 梅澤香織,中澤直弘,山崎浩一,
    BranchlengthとTreelength,
    2006年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2007年1月30日.
  28. 青木一正,大舘陽太,山崎浩一,
    マトロイド被覆問題に対する発見的手法,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    群馬大学伊香保研修所,2006年5月18日.
  29. 大舘陽太,山崎浩一,
    d-claw freeグラフの重み付き最大独立集合問題に対する近似アルゴリズムの実験的評価,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    電気通信大学,2006年3月22日.
  30. 石関徹也,大舘陽太,山崎浩一,
    k-bounded hole familyに対するlongest induced path問題を解くアルゴリズムの改善,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    NTT厚木研究開発センタ,2006年3月17日.
  31. 青木一正,大舘陽太,山崎浩一,
    バンド幅縮小問題に対する遺伝的アルゴリズム,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    徳島大学,2005年12月22日.
  32. 大舘陽太,梅澤香織,山崎浩一,
    完全k分木に対するvertex isoperimetric numberの下界,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    東京工業大学,2005年3月18日.
  33. 梅澤香織,大舘陽太,山崎浩一,
    レベル構造に基づいたバンド幅縮小アルゴリズムが苦手とするグラフクラス,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    東芝科学館,2005年3月17日.
  34. 川野晋一郎,大舘陽太,山崎浩一,
    マトロイド被覆問題に対する近似アルゴリズムについて,
    2004年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2005年2月1日.
  35. 大舘陽太,山崎浩一,
    Interval bigraphs are unit grid intersection graphs,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    東邦大学,2004年12月10日.
  36. 佐藤竜也,山崎浩一,
    バンド幅問題に対する遺伝的アルゴリズムの交叉方法の提案,
    2003年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2004年2月3日.
  37. 和田正範,山崎浩一,
    単位格子交差グラフについての考察,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    群馬大学伊香保研修所,2003年5月23日.
  38. 駒原雄祐,中野泰男,山崎浩一,
    バンド幅問題に対するvolume respecting embedding法の実験的評価,
    2002年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2003年2月4日.
  39. 青木洋延,山崎浩一,
    ハイパーリングの厚さについて,
    情報処理学会アルゴリズム研究会,
    東京工業大学,2002年7月25日.
  40. 川野晋一郎,山崎浩一,
    An approximation algorithm for matroid covering,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    群馬大学,2002年6月27日.
  41. 川野晋一郎,山崎浩一,
    グラフの厚さに関する近似アルゴリズム,
    2001年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2002年2月5日.
  42. 青木洋延,上原隆平,山崎浩一,
    Expected length of longest common subsequences of two biased random strings and its application,
    2000年度 夏のLAシンポジウム,
    滋賀県近江八幡市国民休暇村,2000年7月17日.
  43. 和田正範,戸ヶ崎光敬,山崎 浩一,
    properとunitのgrid graphに関する研究,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    群馬大学,2000年4月26日.
  44. 長島弘幸,山崎浩一,
    3次元直方体のintersection graphに対する独立点集合問題の近似困難について,
    1999年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,2000年1月31日〜2月2日.
  45. 戸ヶ崎光敬,山崎浩一,
    R上のproper区間表現をZ上のunit区間表現へ変換するアルゴリズムについて,
    京都大学数理解析研究所 共同研究員(短期)研究集会 「離散問題の計算量解析」,
    京都大学,1999年6月14日〜18日.
  46. 戸ヶ崎光敬,山崎浩一,
    Pathwidthがk, strong pathwidthがkのグラフに対するページナンバー,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    大阪大学,1999年11月16日.
  47. 酒井周一,戸ヶ崎光敬,山崎 浩一,
    On greedy algorithms for maximum weighted independent set problem,
    1998年度 冬のLAシンポジウム,
    京都大学,1999年2月1日〜2月3日.
  48. 酒井周一,戸ヶ崎光敬,山崎浩一,
    重み付きグラフの独立点集合に関する考察,
    電子情報通信学会コンピュテーション研究会,
    群馬大学,1998年6月23日.